フォーク・リバイバルの第一人者
マーティン・カーシー Martin Carthy

スカボローフェアの謎 Scarborough Fair

今日において特に日本では「スカボローフェア」と聞くとサイモン&ガーファンクルのアレンジが頭に浮かびますが、「エルフィンナイト」のバリアントである「スカボローフェア」のアレンジは、Paul Simon(ポールサイモン)でもArthur Garfunkel (アーサー・ガーファンクル)でもなく、イギリスのフォーク・リバイバルにおける最も重要なアーティストの一人であるマーティン・カーシー(Martin Carthy)により生み出されたものです。

マーティン・カーシー(Martin Carthy)は1941年5月21日にイングランド南東部ハートフォードシャーのハットフィールド出身(Hatfield/Hertfordshire)。ポール・サイモンは1941年10月13日生まれですから、二人は同い年ということになります。

最初は俳優を志していたようですが、1960年代からはthe Thameside Fourのギタリスト・歌手としてキャリアを進み始め、その後はロンドンでも指折りのフォーククラブ「Troubadour」でフォークギタリストとして活躍していました。

1970年代には、ロックバンド「Steeleye Span」のエレキギターリスト、更に、トラディショナルボーカルグループ「Watersons」のメンバーとしてその活動の幅を広げていきました。(Watersonsには彼の妻「Norma Waterson」もメンバーだった)。

80年代にはJohn Kirkpatrickが結成したバンド「Brass Monkey」に加わり、90年代には、娘Eliza Carthyと妻Norma Watersonとの共作も発表されています。こうした文化的な功績を認められ、1998年にはイギリス女王から大英帝国勲章「Member of the Order of the British Empire(MBE)」を授与されています。

【次のページ】 7.ポール・サイモンとの関係

スカボローフェアの謎 目次

  1. はじめに
  2. ブロードサイド・バラッドとは?
  3. チャイルド教授の功績
  4. 17世紀の妖精の騎士
  5. 4つのハーブの秘密
  6. マーティン・カーシー
  7. ポール・サイモンとの関係
  8. もう一つのスカボローフェア
  9. 反戦への詠唱

関連ページ

イングランド民謡『スカボローフェア』 歌詞・日本語訳・試聴

ドナドナ研究室 名曲の謎・ルーツを探るドナドナ研究室