アイルランドからアメリカへ
移民が流れていった主な理由とは?

ダニーボーイの謎 Danny Boy

アメリカへアイルランド民謡が渡っていく流れを探るには、アメリカへの人の流れを見ていく必要があります。

特にダニーボーイが出版された頃から50~60年前ぐらいの歴史的出来事が大きな契機となっているようです。キーワードは、「カトリック」「ジャガイモ」「金」の3つです。

写真:アイルランドの首都ダブリンのグラフトン・ストリート(Grafton Street)

理由1:カトリックへの厳しい迫害

アイルランドは言わずと知れたカトリックの国で、ヨーロッパの西北の果てという地理的条件も重なり、厳格なローマ・カトリックが色濃く残る数少ない地域のひとつとなっています。

イギリスの支配を受けていたアイルランドは、イギリスの国教会(プロテスタント)から厳しい宗教的迫害を受け、数多くのアイルランドのカトリック教徒が命を落としていきました。これらの迫害から逃れるために、数多くのアイルランド人達が新大陸を目指していったようです。

ヘンリー8世とアン・ブーリンとの再婚問題

イギリスがローマ・カトリックから決定的に分裂したのは、16世紀のヘンリー8世の時代です。ローマ・カトリックでは離婚が禁じられているにも関わらず、アラゴンのキャサリンと離婚しようとしたヘンリー8世が、「離婚」ではなく「結婚の無効」という扱いにしてくれるよう教皇に頼んだのですが、教皇クレメンス7世がこれを無碍に却下したことでヘンリー8世の怒りを買ってしまいます。

その後ヘンリー8世はイギリスの聖職者会をすべて自分の下に置き、自分のいいなりであったカンタベリー大主教トマス・クランマーに婚姻の無効を宣言させたところ、これに対して教皇クレメンス7世はヘンリー8世をローマ・カトリックから破門してしまったのです。

その後16世紀後半のエリザベス女王の時代まで紆余曲折ありながら、イギリス・プロテスタントはローマから正式に分離していくことになります。

【次のページ】 4.アイルランドからアメリカへ②

ダニーボーイの謎 目次

  1. 父親の歌?母親の歌?
  2. 法律のできるソングライター
  3. アイルランドからアメリカへ①
  4. アイルランドからアメリカへ②
  5. ロンドンデリーの歌
  6. 盲目のフィドル弾き伝説
  7. 彼女の創作疑惑
  8. 見当たらない彼女のメロディ
  9. 青年の夢
  10. 100曲以上の歌詞

関連ページ