オルニー讃美歌集 Olney Hymns

アメージンググレースの歌詞が登場する最古の出版物

出版物上で確認できる最古のものとしては、1779年2月15日発行の三巻にわたる「オルニー讃美歌集(Olney Hymns)」があり、その第一巻の中の41番目にある「信仰の回顧と期待(Faith's Review and Expectation)」と銘打たれた6節の詩が今日知られているアメージング・グレースの歌詞となっています。

写真:写真:ジョン・ニュートンの墓があるオルニー教会(出典:iago80)

アメージンググレースの他にも348の詩が収録されており、友人の詩人ウィリアム・クーパー(William Cowper)が書いた67の詩以外はすべてジョン・ニュートン牧師によるものです。

「信仰の回顧と期待(Faith's Review and Expectation)」自体は、「オルニー讃美歌集(Olney Hymns)」の出版より数年前から既に教会で用いられていたとされており、実際の成立を1760年~1770年の間とする説や、新年の説教のために1773年に書かれたものとする説などがあるようです。

なお、アメリカ・ミシガン州カルビン大学(Calvin College)のweb site「Christian Classics Ethereal Library」でこの「オルニー讃美歌集(Olney Hymns)」の全文テキストを確認することができます。

「オルニー讃美歌集」に登場しない最後の節とは?

下の歌詞は、1779年の「オルニー讃美歌集(Olney Hymns)」には登場しませんが、アメージンググレースの最後の節として数多くの賛美歌集に掲載されています。ソングブック「アメージンググレース」でもこの最後の節を含める形で歌詞を掲載しています。

When we've been there ten thousand years,
Bright shining as the sun,
We've no less days to sing God's praise
Than when we'd first begun.

この最後の節はジョンニュートン牧師による作詞ではなく、後世になって他の作詞者が付け加えられたとされています。誰が付け加えたのかについては、John P. Rees (1828-1900) とする説がありますが、彼がどういう人物か、本当に彼が付けたのかについては不明です。

一説には、この最後の節が、1829年発行の歌集「the Baptist Songster」に登場する「Jerusalem, My Happy Home」の最後の節として確認できるとされています。また、ストウ夫人(Harriet Beecher Stowe)の著書「アンクルトムの小屋(Uncle Tom's Cabin)」の中で登場するAmazing Graceの歌詞の中にも最後の節として付け加えられているそうです。

謎の記号「1Chr 17:16,17」の正体は?

「オルニー讃美歌集」の 「信仰の回顧と期待(Faith's Review and Expectation)」のページをよく見ると、「1Chr 17:16,17」という見慣れない記載があることに気が付きます。こうした記号はどうやら「オルニー讃美歌集」に収められた348の詩すべてに付されていて、賛美歌の詠唱のときに何らかの形で参照されるようですが・・・次のページへ続く。

次のページ 「3.歴代志のストーリー」へ進む→

アメージング・グレース 歌詞・メロディーのルーツ 目次

  1. はじめに
  2. 1779年の讃美歌集
  3. 歴代志のストーリー
  4. 感嘆するダビデ王
  5. 彷徨うメロディー
  6. NEW BRITAIN 誕生
  7. メロディーの国籍

関連ページ

アメイジング・グレイス 歌詞の意味・日本語訳
歌詞では、ある体験を通して神の恵みに目覚めたジョン・ニュートンの敬虔な心境がつづられている。
ドナドナ研究室 世界の名曲の謎・ルーツを探る
アメイジング・グレイス、森のくまさん、グリーン・グリーン、ドナドナなど、日本でも有名な世界の名曲にまつわる面白エピソードや原曲のルーツ・謎に迫る研究ページ