ヴィヴァルディ「四季」より「夏」

夏の空に轟く雷鳴と巨大な氷のつぶて ~ヴィヴァルディの夏~

ヴィヴァルディ「四季」より『夏(L'estate)』は、ヴァイオリン協奏曲集『和声と創意の試み』(1725年出版)における第2番の楽曲。

有名な第3楽章では、夏の空に轟く雷鳴、穀物に容赦なく叩きつける大粒の雹(ひょう)が描写されている。

ヴァイオリン協奏曲集『和声と創意の試み』は、「四季」のタイトルの通り、第1番「春」、第2番「夏」、第3番「秋」そして第4番「冬」 とそれぞれの季節の情景が描かれている。

【試聴】「四季」より「夏」 第3楽章

ヴィヴァルディ:協奏曲集 四季 / 調和の幻想
イ・ムジチ合奏団による「四季」定番中の定番録音と言える名盤。ヴィヴァルディ入門としては最適なアルバム。
ナタリア (Nataliya)
ヴィヴァルディ ヴァイオリン協奏曲「四季」
楽譜: 141ページ
出版社: 音楽之友社; 四六版版
商品の寸法: 19 x 13.2 cm