4つの即興曲 シューベルト
Impromptus Op. 90

シューベルト(Franz Peter Schubert/1797–1828)

『4つの即興曲 D899 作品90』は、フランツ・シューベルトが晩年の1827年頃に作曲したピアノ独奏曲。

同時期に作曲された『4つの即興曲 作品142、D935』が一つのソナタに見たてられるのと異なり、それぞれが自由に彩りある個性を見せている。

写真は、シューベルトが生まれ育ったウィーン郊外のリヒテンタールにある教会(Lichtental Church)の祭壇。シューベルトは生後まもなくリヒテンタール教会で洗礼を受け、幼少期には最初の音楽教育をここで受けた。

【試聴】シューベルト 即興曲 作品90-2

【試聴】シューベルト 即興曲 作品90-3

関連ページ

シューベルトの有名な曲・代表曲
『魔王』、『アヴェマリア』、『野ばら』など、シューベルトの有名な曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴
有名なクラシック音楽の名曲・代表曲
バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴