交響曲第3番(サンサーンス)「オルガン」

サン=サーンス(Charles Camille Saint-Saëns/1835-1921)

交響曲第3番ハ短調 作品78「オルガン」は、サン=サーンスによる1886年作曲の交響曲。

2つ以上の楽章で共通の主題・旋律が登場する循環形式を取り、ピアノおよびオルガンが各所に織り込まれている。

構成は4つの楽章から成るようにも見えるが、通常の意味での第1と第2、第3と第4の楽章はそれぞれ結合されており、実質的に一つの楽章としてそれぞれ機能している。

ちなみに、第二楽章第二部の主題には歌詞が付けられ、1995年製作のオーストラリア映画「ベイブ(Babe)」で歌曲として用いられている。

写真:ベルサイユ宮殿 王の礼拝堂

【試聴】サン=サーンス 交響曲第3番ハ短調 作品78 「オルガン付き」

関連ページ

サン=サーンスの有名な曲・代表曲
『動物の謝肉祭』、『サムソンとデリラ』、『交響曲第3番』など、フランスの作曲家サン=サーンスの有名な楽曲まとめ
有名なクラシック音楽の名曲・代表曲
バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴