きらきら星変奏曲 モーツァルト

「ああ、お母さん、あなたに申しましょう」の主題による12の変奏曲

『きらきら星変奏曲』は、モーツァルトが『きらきら星』の原曲のメロディを元に、1778年に作曲した変奏曲(ピアノ曲)。

正式なタイトル(邦題)は、「『ああ、お母さん、あなたに申しましょう』の主題による12の変奏曲」。

この『ああ、お母さん、あなたに申しましょう Ah ! vous dirai-je, Maman』とは、当時フランスで流行していたシャンソン・歌曲。

このフランス歌曲のメロディが、モーツァルトの死後、『きらきら星』の歌詞と結びついた。

つまり、モーツァルトが生きていた頃は、まだ『きらきら星』という曲は存在していないため、このモーツァルトの変奏曲を『きらきら星変奏曲』と呼ぶことに違和感がないわけではないが、このタイトルの方が出版社の立場からすれば「売りやすい」ことは間違いないだろう。

詳しくはこちらの解説ページ『ああ、話したいの、ママ Ah ! vous dirai-je, Maman』を適宜参照されたい。

【試聴】きらきら星変奏曲

きらきら星変奏曲に関連する音楽ページ

きらきら星 Twinkle Twinkle Little Star
原曲は18世紀フランス民謡『ああ、話したいの、ママ Ah ! vous dirai-je, Maman』
ああ、話したいの、ママ Ah ! vous dirai-je, Maman
「きらきら星」の原曲(メロディ)。18世紀から伝わるフランス歌曲・民謡。
ABCの歌(アルファベットの歌)
「きらきら星」と同じメロディ。子供がアルファベットを覚える英語の歌。

関連ページ

モーツァルトの有名な曲・代表曲
歌劇『魔笛』、『きらきら星変奏曲』、『交響曲第25番』など、モーツァルトの有名な曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴
有名なクラシック音楽の名曲・代表曲
バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴