ラ・カンパネラ la Campanella

フランツ・リスト(Franz Liszt/1811-1886)

『ラ・カンパネラ(カンパネッラ)』は、フランツ・リストが作曲した6曲から成るピアノ曲『パガニーニによる大練習曲(Grandes Etudes de Paganini, S. 141)』の第3番嬰ト短調。

パガニーニのヴァイオリン協奏曲第2番ロ短調Op.7、第3楽章『ラ・カンパネッラ』(鐘のロンド)を主題に用いている。「カンパネラ(Campanella)」とはイタリア語で「鐘」の意。

パガニーニ(Niccolò Paganini)とは?

パガニーニ(Niccolò Paganini/1782-1840)はイタリアの作曲家で、稀代の名ヴァイオリニスト。完璧で卓越した演奏技巧からヴァイオリン界の「ヴィルトゥオーソ(Virtuoso)」と称賛され、リスト、シューマン、ブラームス、ラフマニノフなど数多くの作曲家に多大な影響を与えた。

リストは初恋に破れ沈んでいた20歳の時にパガニーニの演奏を聞いて、「僕はピアノのパガニーニになってやる」と奮起し超絶技巧を磨いたという逸話も伝わっている。

パガニーニ作品のパラフレーズや変奏曲の一例を挙げると、ショパンの変奏曲『パガニーニの思い出』イ長調、ヨハン・シュトラウス1世『パガニーニ風のワルツ Op.11』、ラフマニノフ『パガニーニの主題による狂詩曲 イ短調 Op.43』、ヨハネス・ブラームス『パガニーニの主題による変奏曲 イ短調 Op.35』など、この他にも実に数多く存在しており、その人気の高さ振りが伺える。

【試聴】ラ・カンパネラ la Campanella

リスト:ピアノ作品集 華麗で即物的,表面的な効果が優位にたつ演奏とは対極にある,美しい音を詩的なロマンティシズムに満ちた演奏。ボレットが60歳を過ぎてから録音したもので,むしろ内向的な趣すら感じられる。

【楽譜】 リスト集 3 超絶技巧練習曲全12曲ほか収録曲
1.超絶技巧練習曲第1番前奏曲
2.超絶技巧練習曲第2番イ短調
3.超絶技巧練習曲第3番風景
4.超絶技巧練習曲第4番マゼッパ
5.超絶技巧練習曲第5番鬼火
6.超絶技巧練習曲第6番幻影
7.超絶技巧練習曲第7番エロイカ
8.超絶技巧練習曲第8番狩り
9.超絶技巧練習曲第9番回想
10.超絶技巧練習曲第10番ヘ短調
11.超絶技巧練習曲第11番夕べの調べ
12.超絶技巧練習曲第12番雪かき
13.パガニーニによる大練習曲第1番ト短調
14.パガニーニによる大練習曲第2番変ホ長調
15.パガニーニによる大練習曲第3番 ラ・カンパネラ
16.パガニーニによる大練習曲第4番ホ長調
17.パガニーニによる大練習曲第5番ホ長調
18.パガニーニによる大練習曲第6番イ短調
19.三つの演奏会用練習曲第1番悲しみ
20.三つの演奏会用練習曲第2番軽やかさ
21.三つの演奏会用練習曲第3番ため息
22.二つの演奏会用練習曲第1番森のささやき
23.二つの演奏会用練習曲第2番こびとの踊り

関連ページ

フランツ・リストの有名な曲
『愛の夢 第3番』、『ラ・カンパネラ』、『超絶技巧練習曲』など、フランツ・リストの有名な曲 解説・YouTube動画の視聴
有名なクラシック音楽の名曲
ショパン、モーツァルト、バッハ、ベートーヴェン、シューベルトなど、有名なクラシック音楽の名曲特集