交響曲第9番「新世界より」

ドヴォルザーク(Anton Dvorak/1841-1904)

交響曲第9番ホ短調「新世界より」は、ドヴォルザーク(ドボルザーク)による1893年作曲の交響曲。アメリカ滞在中(1892-1895)中に作曲された、彼の9番目にして最後の交響曲。

第2楽章と第4楽章が特に有名で、第2楽章の旋律は、日本の歌謡『遠き山に日は落ちて』、アメリカ歌謡『Goin’ Home(家路)』などに転用されている。

ちなみに写真は、アメリカ・サウスダコタ州のラシュモア山国立記念公園にある四人の大統領の彫像。左から右へ、ジョージ・ワシントン, トーマス・ジェファーソン, セオドア・ルーズベルト, エイブラハム・リンカーン。

アメリカ到着の3ヵ月後に作曲開始

1892年9月にニューヨークへ到着したドヴォルザークは大歓迎を受け、10月にはニューヨーク・ナショナル音楽院の院長として講義を開始。翌年の1893年1月から交響曲第9番ホ短調「新世界より」の作曲に着手した。

同年5月末には完成しており、翌月の6月には、夏季休暇で訪れたボヘミア入植者の町で『弦楽四重奏曲第12番 アメリカ』が作曲されている。

【試聴】ドヴォルザーク 交響曲第9番ホ短調「新世界より」第4楽章

【試聴】カラヤン指揮 ドヴォルザーク 交響曲第9番 第4楽章

アメリカ音楽からの影響について

アメリカの黒人音楽やインディアンの民族音楽からの引用を指摘されることがあるが、この点についてドヴォルザークは友人への手紙の中で、「私がインディアンやアメリカの主題を使ったというのはナンセンスです。嘘です。私はただ、これらの国民的なアメリカの旋律の精神をもって書こうとしたのです」と説明している。

また、アメリカの詩人ロングフェローの叙事詩で、インディアンの英雄を謳った英雄譚『ハイアワサの歌The Song of Hiawatha』からインスピレーションを受けているとされる。

熱狂的な鉄道マニアだったドヴォルザーク

余談だが、ドヴォルザークは熱狂的な鉄道マニアとしても知られている。「新世界」アメリカに滞在したのは、アメリカ大陸横断鉄道を堪能することが大きな目的だったのではと勘繰る説もあるぐらいだ。

実際、彼がニューヨークにいた頃は、毎日グランド・セントラル駅へ出掛け、シカゴ特急の車両番号を記録していたという。用事があって駅まで行けない日には弟子に見に行かせていたなんてエピソードも残されている。

ちなみに、『ユーモレスク (Humoresky) 』冒頭のメロディーは、汽車に揺られながら思いついたものだと言われている。

関連ページ

ドヴォルザーク 弦楽四重奏曲第12番「アメリカ」
交響曲第9番「新世界より」の翌月にボヘミア入植者が集まる町で作曲
ドヴォルザーク チェロ協奏曲 ロ短調
ドヴォコン(ドボコン)の愛称で親しまれるアメリカ時代最後の傑作
遠き山に日は落ちて
交響曲第9番「新世界より」第2楽章のメロディに作詞された歌曲
ドヴォルザーク(ドボルザーク)有名な曲
交響曲第9番 『新世界より』、スラヴ舞曲、ユーモレスクなど、ドヴォルザーク(ドボルザーク)の有名な曲特集