シランクス Syrinx

クロード・ドビュッシー(Claude Achille Debussy/1862-1918)

『シランクス Syrinx』は、クロード・ドビュッシーによる1913年の無伴奏フルート作品。「シランクス」とは、ギリシャ神話のニンフ(女性の姿をした精霊)であるシュリンクス(下挿絵の中央寄りの女性)を意味する。

当初の曲名は『パンの笛』の予定だったが、ドビュッシーの連作歌曲『ビリティスの歌』にある同名の作品との混同を避けるため改名されたという。

「パン」とは、ギリシア神話のパーン(パン)、またはローマ神話におけるファウヌスを意味する。上の挿絵では、シュリンクスを追いかけるヤギの角が生えた男性の姿で描かれている。

パーンは日本では「牧神」「半獣神」などと訳され、ドビュッシーは『シランクス』から20年前の作品『牧神の午後への前奏曲』でも同じ題材を用いている。

牧神パーンはシランクス(シュリンクス)に一目惚れしており、彼女を求めて強引に迫っていた。逃げ惑う彼女は川のほとりに追い詰められ、川の妖精の力で葦(あし)に姿を変えてしまった。

葦になってしまったシランクスを前に、パンは「少なくとも、あなたの声と共にいることができた。」と喜び、その葦を手折って葦笛(あしぶえ)を作って肌身離さず持ち歩くようになった。

その葦笛は後に「パンフルート」と呼ばれ、後世までその名を残している(との伝説だ)。パンについては『牧神の午後への前奏曲』の解説も適宜参照されたい。

【試聴】EMMANUEL PAHUD | Claude Debussy, "Syrinx" for solo flute

【試聴】 Mathilde CALDERINI - Syrinx Debussy

関連ページ

ドビュッシー『牧神の午後への前奏曲』
牧神とはギリシア神話のパーンまたはローマ神話におけるファウヌスを意味する
ドビュッシーの有名な曲・代表曲
『月の光』、『亜麻色の髪の乙女』、『二つのアラベスク』など、フランスの作曲家ドビュッシーを代表する有名な曲の解説と視聴
神話とクラシック音楽 有名な曲
ギリシア神話(ギリシャ神話)、ローマ神話、北欧神話など、ヨーロッパの神話に関連するクラシック音楽の有名な曲まとめ
フルートで演奏される有名な曲・名曲
フルートが指定された楽曲やフルートによる演奏機会があるクラシック音楽の有名な曲
有名なクラシック音楽の名曲・代表曲
バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴