ゴルトベルク変奏曲

J. S. バッハ/Goldberg Variations, BWV 988

『ゴルトベルク変奏曲』は、J.S.バッハによるチェンバロのための練習曲 (BWV 988)全4巻からなる「クラヴィーア練習曲集」の第4巻で、1742年に出版された。

バーカット・シュディのチェンバロ(1740年)

ゴルトベルク(Goldberg)とは、ドイツの音楽家ヨハン・ゴットリープ・ゴルトベルク(Johann Gottlieb Goldberg/1727-1756) のこと。当時まだ10代前半。

前ロシア大使カイザーリンク伯爵(Count Kaiserling)が懇意にしており、伯爵はゴルトベルクをバッハの元へ連れて行き、音楽のレッスンを受けさせていた。

不眠症に悩んでいた伯爵は、眠れぬ夜に聴く音楽をゴルトベルクのために書いて欲しいとバッハに依頼したという。

【試聴】バッハ ゴルトベルク変奏曲

関連ページ

J.S.バッハの有名な曲・代表曲
『主よ人の望みの喜びよ』、『G線上のアリア』、『無伴奏チェロ組曲』、『メヌエット』など、J.S.バッハの有名な曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴
有名なクラシック音楽の名曲・代表曲
バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴