シルバーウィークって誰が名前を付けたの? 秋の大型連休

年中行事・記念日カレンダー/祝日・連休

カレンダーの偶然によって稀に訪れる9月の大型連休。巷では「シルバーウィーク」と称するそうだが、一体誰がこんな名前をつけて世の中に広めたのだろうか?それにはまず、ゴールデンウィークの命名者にさかのぼる必要がある。

「ゴールデンウィーク」の名称は、映画会社の大映が1951年に名付けたものだそうだ。正月映画やお盆映画並に興行成績が良い期間として、次第に他の業界にも広まっていった。

大映は続いて文化の日(11月3日)を中心とした期間を「シルバーウィーク」と命名した。おそらく「ゴールド」に次ぐ位置づけとして「シルバー」を選んだのだろうが、こちらは定着しなかったようだ。

大映が2匹目のドジョウを狙った「シルバーウィーク」は形を変えて、秋の大型連休を指す名称として転用されることとなった。

ただ、9月のシルバーウィークは毎年必ず来るものではなく、次は2015年、その次は2026年と、随分間が空いてしまっている。次の大型連休が来る前に、全く別の名前になっていてもおかしくはない。

もう単に「秋の大型連休」でいいような気がしないでもない今日この頃である。

年中行事 関連ページ

9月の年中行事・記念日カレンダー
十五夜・お月見、敬老の日、ぶどう狩り、栗拾いなど、9月に行われる季節の行事・記念日
年中行事・記念日カレンダー
日本と世界の年間行事、祝祭日、季節のイベント、暮らしの歳時記