エスメラルダ
Esmeralda from "Notre Dame de Paris"

バレエ音楽/美少女エスメラルダを巡る三者三様の愛憎劇

『エスメラルダ』は、ヴィクトル・ユーゴーの小説「ノートルダム・ド・パリ」から、美少女エスメラルダに関連する場面にスポットを当てたバレエ作品

同様のバレエ作品に『ノートルダム・ド・パリ』があるが、あらすじは『エスメラルダ』とほぼ同じ。

ただし、1996年公開のディズニー映画『ノートルダムの鐘』では、鐘つき男カジモドが主人公としてフォーカスされ、原作のような悲劇のエンディングとは異なるストーリーが展開する。

あらすじ・ストーリー

舞台は15世紀のパリ。ノートルダム大聖堂の聖職者フロロは、パリにやって来た美しいジプシーの踊り子エスメラルダに一目惚れする。

フロロは鐘つき男カジモドを使ってエスメラルダを誘拐させようとするが、カジモドは捕らえられ、エスメラルダは衛兵フェビュスに恋心を抱き始める。

捕らえられたカジモドは広場でさらし者になるが、ただ一人エスメラルダだけは彼をかばう。カジモドは人の優しさを生まれて初めて知り、彼女に恋をする。

フロロも彼女に想いを募らせるが、エスメラルダの心はフェビュスにある。フロロは逢引をするふたりをつけて行き、フェビュスを刺して逃げる。エスメラルダは犯人にされ、裁判の元に死刑が言い渡される。

カジモドはエスメラルダを救いノートルダム寺院にかくまう。しかし、エスメラルダはカジモドのあまりの醜さにまともに顔を見ることすらできなかった。

フロロは、パリ暴動に乗じてエスメラルダを連れ出した。しかし彼女はフェビュスを刺したフロロを拒む。

エスメラルダは衛兵に引き渡され、処刑される。大聖堂の塔の上からそれを見届けるフロロを、カジモドは塔から突き落とし、そのまま行方をくらました。

数年後、処刑場を掘り起こすと、エスメラルダと思われる白骨に、異様な骨格の男の白骨が寄り添っており、それらを引き離そうとすると、砕けて粉になってしまった。

【試聴】エスメラルダ Esmeralda

【試聴】Miko Fogarty, 15, Varna IBC 2012 Bronze Medalist, 2nd Round

有名なバレエ音楽・バレエ作品